わたぼうしの育ち具合  

 
わたぼうしの育ち具合(平成23年)

「ふるさと宅飯便」で使用している新潟県産「わたぼうし」の成長記録です。
収穫はもうすぐそこ・・・
みなさん、今年も美味しいお赤飯とおこわを待っていて下さいね!


<生育状況>8月30日現在
  --- 8月30日撮影(田植え後111日)▼

 出穂期が早まったことや、8月上中旬の気温が平年に比べやや高めであったことから、
平年に比べ収穫適期が早まると見込まれる。

 


<生育状況>8月22日現在
--- 8月22日撮影(田植え後103日)▼

本年の出穂期は県内15か所平均で8月6日であった。
これは、平年より2日早く、前年より1日早い。

 


<生育状況>8月10日現在
--- 8月10日撮影(田植え後91日)▼

本年の幼穂形成期は県内15か所平均で7月14日であった。
これは平年及び前年より2日早かった。

 

 


<生育状況>7月29日現在
--- 7月29日撮影(田植え後79日)▼
 

県全般に、指標値(理想的な生育めやす)に比べ、草丈はやや長く、
茎数はやや少なく、葉数はやや多い。
葉色の低下は鈍化傾向にあり、指標値に近くなっている。
出穂期は平年に比べ3日以上早まる見込み。

 




<生育状況>7月20日現在 ---  7月20日撮影(田植え後70日)▼

県全般に、指標値(理想的な生育めやす)に比べ、草丈はやや長い〜長く、
茎数はやや少なく、葉数はやや多い。葉色の低下は鈍化傾向にあり、
指標値に近くなっている。

 


<生育状況>7月11日現在 --- 7月11日撮影(田植え後61日)▼

県全般に、6月下旬以降の高温寡照により、指標値(理想的な生育めやす)に
比べ、草丈はやや長い〜長く、茎数はやや少なく、葉数は並〜やや多い。
葉色はやや濃い〜濃い状況であるが、褪色傾向にある。

 


<生育状況>6月30日現在 --- 6月30日撮影(田植え後50日)▼

県全般に、指標値(理想的な生育めやす)に比べ、草丈は並〜やや長く、
茎数はやや少ない〜少なく、葉数は並、葉色は濃い。
田植えの遅かった地域で軟弱徒長の傾向が見られる。

 

 


<生育状況>6月20日現在
---
6月20日撮影(田植え後40日)▼

県全般に、指標値(理想的な生育めやす)に比べ、草丈はやや短く、
葉数は並、葉色はやや淡い。
茎数は少ないが、前回調査より指標値に近づきつつある。

 


 

<生育状況>6月10日現在 --- 6月10日撮影(田植え後30日)

県全般に、指標値(理想的な生育めやす)に比べ草丈は並、茎数は少なく、
葉数は並、葉色はやや淡い。

 

 

 

 
 
日付 : 2011/09/09 照会 : 1103
 
次 : 保存方法・賞味期限